診断のタイミングはいつ|尿漏れを治すためには病院でしっかりと治療を行ないましょう

尿漏れを治すためには病院でしっかりと治療を行ないましょう

ナース

診断のタイミングはいつ

病院

梅毒の検査を行う際は、病院などで血液を採取し、血液の中に梅毒の菌がいないか調べます。しかし、病気の進行状況次第で、菌を見つけることができない場合があります。なぜかというと、梅毒には潜伏期間が4週間あり、4週間たたないうちに病院に行ってしまうと菌を見つけることができないからです。ですので、病気に感染した可能性がある日から4週間たってから病院に行くようにしましょう。保健所では、プライバシー保護のために匿名で検査を受けることができます。ですが、条件として一緒にHIVの検査を受けなければなりません。また、保健所によってはHIVの検査をすることで、梅毒に感染した疑いがある日から3か月経過してから保健所に来てくださいとお知らせするところもあります。保健所では2つ一緒に調べることができるので、もし他に感染している病気があった場合には保健所ですぐに把握することができます。もしも、複数の性病に感染している可能性がある場合は保健所で調べておきましょう。
検査を行うには、タイミングが必要とご紹介したのですが、人によっては症状が早く出る場合があります。個人差はありますが、早くて感染から3週間で症状が出ます。梅毒には潜伏期間があるのですが、潜伏期間も人によって違いがあるため、感染した疑いがあるにもかかわらずに病気の症状が出ていないからといって病院に行かないということはやめておきましょう。少しでも感染の心当たりがあるなら、早急に病院や保健所へ行くべきです。